ホルモンバランスと豊胸手術の関係について

大阪 豊胸手術 病院

 

 

「バストのサイズをアップする」「豊かな胸を作る」という話になると、必ず「ホルモンバランスを整えましょう」といった話が出てきます。

 

これらは豊胸手術とはまた別のしろものです。

 

ただ、小さいバストに悩んでいる人が、いきなり豊胸手術に興味を持つことは少ないでしょう。

 

本格的なものや、「プチ手術」と呼ばれるような軽いものもありますが、外科手術です。「できることならば、手術ではない方法でバストを大きくしたい」と試みたのではないでしょうか。

 

その結果、「どうやら効果がない」、「効果が出るまで時間がかかりすぎて、待っていられない」ということで、豊胸手術に進む人がほとんどでしょう。

 

こういった経緯があるせいか、逆に「豊胸手術をすると、ホルモンバランスを崩すらしい」という考えにとりつかれる人が多いようです。

 

シリコンをいれる「プロテーゼ挿入法」、体のほかの脂肪を吸い取って、それを胸に入れる「脂肪注入」、保水性のある成分ヒアルロン酸を注射する「ヒアルロン酸注射」のどれも、ホルモンバランスに直接影響を与えることはありません。

 

ここで「直接影響……」といったのは、「間接」にならば影響することもあるからです。

 

それは「気に病みすぎて、ストレスになること」です。ストレスのせいでもホルモンバランスは崩れます。

 

ですから、「影響なんてない」とどっしり構えていることも必要になります。

 

手術を恐れて、ホルモンの分泌を促したり、ホルモンを体に取り込むことで、バストアップしようとすることで、逆にホルモンバランスを崩すことさえあります。

 

こういった場合、まず使われるのは、サプリメントです。実際に「バストアップサプリメント」といったものも売られています。

 

サプリメントは薬ではなく、あくまで食品の一種です。副作用などはほとんど気にしなくて済みます。

 

ですが、やはり決められた量を超えるとそうとも限りません。

 

また、正しく使ってもそうは急激な変化はありません。あくまで食品の一種ですから。

 

中には「女性ホルモン注射」に注目する人もいるでしょう。サプリメントよりはしっかりとした効果が得られることが多いようです。

 

ただし、こちらは薬です。

 

吐き気、食欲低下、肝臓障害、倦怠感などの副作用があることが知られています。

 

確かにバストをアップするようにホルモンが働くのですが、同時にほかの面では良くない方に働くことが多いのです。

 

⇒大阪の豊胸手術クリニックで、ホルモン相談