入院が必要な場合

豊胸手術を受けるとしても、家事や仕事などあって入院するのは難しい方も多いでしょう。

 

麻酔の種類で決まる

今の豊胸手術は日帰り入院で受けられるのが一般的ですが、日帰り入院が可能かどうかは麻酔方法で異なります。

 

全身麻酔や硬膜外麻酔は全身の意識と感覚を喪失してしまうので、体の安全のことを考慮して1泊ぐらいの入院が必要です。

 

静脈麻酔や局所麻酔は、一部分しか感覚が喪失しないので、術後にきちんと休息を取れば日帰りが可能です。
ですので、日帰り入院を希望する場合は、全身麻酔ではなく局所麻酔にすれば大丈夫ということになりますね。

 

ただし、局所麻酔といっても、完全に痛みに対しての感覚を麻痺させるためには数本の注射を打たなくていけません。
また麻酔の利き方も人それぞれに違うので、場合によって多くの量を注入することもあります。
そうなると体への負担が大きくなってしまうので、基本的に医師が勧めるのは全身麻酔もしくは硬膜外麻酔です。

 

もしどうしても日帰りが良いという場合は、点滴による静脈麻酔もありますが、これは狭い範囲の豊胸手術にしか対応できないので、手術方法によっては無理なこともあります。

 

このように麻酔の種類で日帰りができるかどうかは変わるので、絶対に日帰りがいいという方は、麻酔の方法によって手術を選ぶようにするといいですね。

 

通院の日数の違い

 

通院に関しても手術の種類によって通う日数に違いがあります。

 

バッグ挿入法だと基本的には固定除去や抜糸が必要ですし、その後も定期的にバッグマッサージを受けに行かなくてはいけません。
脂肪注入やヒアルロン酸注入の場合でも、数回のケアをしなくてはいけないので、しばらくは通院することになります。

 

本当なら手術して終わり、という方が楽ですし、最近は抜糸不要通院不要というクリニックも増えています。
しかし、どんなに安全性が高くても異物を入れる手術ですし、バストを美しく整えるためにも通院した方が良いでしょう。
最初は面倒でもこの時期のメンテナンスはとても大切なので、通院不要よりはアフターケアが万全なクリニックを選ぶことをお勧めします。

 

大阪の豊胸手術クリニックで日帰り入院できるところはここ