豊胸手術は全身麻酔で受けるの?麻酔で痛みはどう?

豊胸手術には痛みが伴うため、どんな種類の手術であっても麻酔をするのは必須です。
脂肪注入やヒアルロン酸注入だと、切開をしないので麻酔は必要ないと思うかもしれませんが、こういった手術でも胸が膨らんであらゆる器官や組織が圧迫されて痛みがあるので麻酔をします。
そのため豊胸手術では麻酔をしますし、多くの場合は全身麻酔が行われます。
全身麻酔の方法もクリニックによって異なりますが、基本的には麻酔ガスを吸う方法なので、注射の痛みもありませんしガスは呼気とともに排出されるので安全です。
ただ全身麻酔をすると、手術中から術後数時間は完全に意識がなくなりますし、全身の感覚を麻痺させるのですから不安という方も多いでしょう。
それに、全身麻酔をすると日帰りは無理なので、1泊入院となるためスケジュール的にもきついかもしれません。

 

ただ、麻酔にもいくつかの方法があるので、必ずしも全身麻酔をするわけではありません。
手術範囲が狭い場合はもちろんですが、入院できない状態だったり、体への負担を軽減したいという方のために局所麻酔を行うことがあります。
局所麻酔にも種類があり、中でも最近多くなっているのが硬膜外麻酔です。
硬膜外麻酔は、背骨から管を胸まで通して麻酔薬を注入する方法で、胸に打つ局所麻酔よりも効果が高く安全と言われています。
硬膜外麻酔に関しては、1泊入院が必要なクリニックと日帰りでも大丈夫というクリニックがあるので、事前に確認しておくといいですね。

 

ただ、麻酔というのは体質によって効きにくいこともあるので、局所麻酔だと場合によっては痛みを感じることがあります。
もし痛みがあったらさらに麻酔薬を増やすしかありませんが、一部分に大量の麻酔をするのはリスクが伴います。
また硬膜外麻酔だと背中に管を入れるので、術後は豊胸部分だけではなく背中にも痛む可能性もあります。
ですので、もし狭い範囲の手術ではなく入院も可能であれば、安全性のことを考えても全身麻酔をするのがお勧めです。